消費者金融審査に通らない理由

消費者金融審査に通らない理由

消費者金融でキャッシングする際の借入審査で落とされることは日常茶番な現象です。落とされるには何らかの理由が存在します。その理由とは、大まかに二つに分類されます。一つは、過去に自己破産や個人再生などの債務整理をして借金を焦げ付かせたことがあるか否かです。

もしもあると答えた方は、おそらく信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に登録されています。このブラックリストに登録されてしまうと、抹消されるまでの5年〜7年はどの金融会社でも、間違いなく審査で落とされてしまいます。

現在では携帯電話の通話料でも料金を踏み倒していたりすると、ブラックリストに登録されて、どの電話会社でも契約出来なくなっています。また、クレジットカードなども作れなくなってしまうことから、ブラックに登録されることは極力回避したいものです。

信用度が低い

ブラックリストに登録されていないにもかかわらず、消費者金融審査基準に通らない場合もあります。それは、申込者の審査項目が基準に達していないからです。審査項目とは、年収、勤続年数、家族構成、借金総額などですが、特に年収の面で審査基準に達しない人が多いようです。

正社員であれば最低でも年収300万円以上でないと、アルバイトやパートと同レベル扱いとなってしまいます。そうなってしまうと、たとえ審査が通ったとしても貸付限度額が低く抑えられてしまいます。通常の限度額が50万円とすれば、10万円程度になります。

また、勤続年数は多ければ多いほど信用度は増していきますし、逆に一年未満などはこれもアルバイトやパートと同レベル扱いとなってしまいます。期間工などは収入の面では問題ありませんが、信用は低くなりますので、限度額は低く抑えられます。

プライバシーポリシー

免責事項

利用規約

銀行ローン

銀行ローンとは、銀行が取り扱っている金融商品の総称です。国内では一般に消費者向けの金銭貸付をローンと呼称します。特に銀行ローンの場合は、政策金融公庫、雇用促進事業団などの公的ローンやと信販会社や消費者金融が扱っている消費者ローンと区別するためです。