キャッシング審査甘い

審査が通りやすいキャッシング

何度も繰り返しますが、基本的に消費者金融の審査基準は大きな相違はありません。しかし、顧客獲得競争によって各金融会社毎に審査基準は変わってきます。顧客が少なくてどうしても融資をしたいキャッシングローン会社は、審査基準も甘くなりますし、逆に十分な顧客を保有している大手消費者金融などは、審査を厳しくして優良顧客の獲得のみをしていればいいのです。

そこで、審査が通りやすい消費者金融とはつまり顧客を獲得したい金融会社のことで、そういったお金を貸したいサラ金で 審査の申し込みをすれば、審査に通りやすくなるということです。余程のこと(ブラック、借入件数7件以上)がない限り、審査に通るはずです。

ただ、総量規制対象の専業主婦や無職の人はちょっと難しいかもしれません。一定の収入が見込めない無職や失業者の人も簡単には審査に通らないでしょう。審査が通りやすいのは、公務員や企業の社員などで、信用度が高い職種の人ほど融資率は高くなります。

銀行

個人信用情報機関

確実に審査に通るには、審査基準をクリアすることともう一つ重要なことは、個人信用情報機関のデータが正常なことです。もしも、過去に自己破産などをしてブラックリストになっていれば、即審査で落とされてしまいます。

個人信用情報機関とは、多重債務を防止するため、利用者の支払状況に関するデータを消費者金融やキャッシングローン会社などから収集し、情報を管理している団体です。個人信用情報機関は、国内に4系列の団体があります。

消費者金融系の日本情報センター(JIC)と、銀行系の全国銀行個人信用情報センター(全銀協センター)、クレジットカード会社などの信販系が運営するシー・アイ・シー(CIC)、外資系の国内消費者金融専業会社と信販会社が運営するセントラル・コミュニュケーション・ビューロ(CCB)などがあります。

消費者金融業者が主に利用しているのは、全国信用情報センター連合会加盟の33の個人信用情報センターであり、情報センターは顧客の消費者情報に基づいて登録しています。このデータを、消費者金融から問い合わせがあれば提出しているわけです。

プライバシーポリシー

免責事項

利用規約

庶民金融

庶民金融とは、企業に対する融資に対して、一般庶民の消費生活のためのキャッシングのことです。国内の金融機関が一般庶民を対象とした融資を開始したのは、昭和4年の金融解禁後の不景気な時代に、日本昼夜銀行をはじめとする銀行がサラリーマンを対象に小口融資を開始したのが始まりとされています。かつての庶民金融で一般的だったのは質屋でしたが、貸金業規制法と出資法によて規制される貸金業者がその主なものとされています。