消費者金融審査基準

消費者金融とは

消費者金融とは、商品やサービス購入に際して直接消費者に金銭を貸し付ける消費者ローンを指します。消費者ローンには、一括返済や分割返済の返済別分類の他に、自動車や電化製品、住宅や結婚などの使途ローンと使途自由なフリーローンの二通りの金融商品があります。

更に、特定事業者と提携しているか否かによる提携・非提携ローンに分類されます。貸付方法の相違では、書類による契約で融資をする対面形式とカードで融資をするカードローンなどがあります。

ここで言う借りやすい消費者金融とは、書類による対面形式の消費者金融のことで、中小の中でも更に小規模の金融会社を指します。こういった業者は、借入審査を甘くすることにより、大手や中小のキャッシングローン会社で借りれなかった顧客を相手に融資をしているわけです。当然、そういった多重債務者への融資は焦げ付いてしまうリスクを伴いますが、大手よりもかなり高い利息をとることで、帳尻を合わせているわけです。

借入件数が7件以上になり、借りれる信販会社がなくなってしまった人間にとって、こういった借りやすい消費者金融は大変有り難い存在です。融資を受けた多重債務者の多くは感謝の気持ちを持ちますし、融資をしてくれた金融業者を大事に考えることから、優良顧客に化けることも少なくないようです。

時代の変化と金融会社

キャッシングローン会社は、時代の要求とともに変化し、発展を遂げてきました。もともと金融会社は、大口の金銭賃借を融資の対象としてきましたが、経済の成長にともに消費者の資金需要が拡大してくると、個人を対象にした小口融資が盛んになりました。

しかもそれまで厳格な審査と保証人や担保物件を必要とした企業融資とは異なり、担保・保証品が不要で審査の甘い消費者金融などが一般的となったのです。消費者金融の定義では、「無担保・無保証で短期的に小口融資を個人消費者向けにお金を貸す」となっています。しかし昨今、大手銀行資本がサラリーマン金融へ参入してきたことから、今までの金融形態が大きく変わる分岐点にきているといっても過言ではないでしょう。

銀行のatmで消費者金融の出し入れが出来るなんてことは、一昔前は考えられないことでしたし、フリーローンの金利が昔の銀行ローンと同規模の5.0%前後になることも驚くべきことです。また、一週間何度借りても無利息の無利息ローンや、全国どこからでも当日申し込んで当日借りれる「即日融資」なども一番借りやすい消費者金融の金融商品といえるでしょう。


キャッシング審査

プライバシーポリシー

免責事項

利用規約