消費者金融審査基準

消費者金融の歴史

金融やキャッシングローン会社の歴史はそれほど古くはありません。サラリーマン金融の前身は団地の主婦を相手に金貸しをしていた団地金融で、消費者金融が注目されたのは昭和39年の東京オリンピックの前後です。

その背景には、急激な高度成長にともなう個人消費の伸びにあります。当時、金融機関から融資を受けるには、担保となる動産や印鑑証明が必要でした。更に、個人向けのフリーローンは当時の銀行は殆ど取り扱っていなかったのです。

そのような社会環境の中で、サラリーマン向けの無担保・無保証のフリーローンがもてはやされることは、自然の成り行きといっていいでしょう。消費者のニーズに合致したサラ金業者として発展していったのです。

それ以前にも個人向け消費者へのフリーローンというのは存在していました。しかし、その内容は担保、保証人、印鑑証明などの必要書類が必要な担保融資でした。現在の消費者金融のように、面倒な貸付方法を一切排除したキャッシングと比べると、時代が違うとはいえ違和感を感じざるを得ません。

その後、サラリーマン金融は悪徳金融による、高利貸しや悪質な取り立て問題が社会問題となり、金融業者へのイメージは地に落ちてしまいます。そういった悪質な業者を排除すべく、貸金業規制法が制定されます。

しかし、当時の上限金利は今では考えられないほど高く設定されており、サラ金業者は莫大な利益をあげていたのです。


キャッシング審査

プライバシーポリシー

免責事項

利用規約